ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き・環境 > 保険・年金・医療・健康 > 後期高齢者医療 > 後期高齢者医療制度
トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き・環境 > ターゲットナビ > 高齢者・介護 > 後期高齢者医療制度

後期高齢者医療制度

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年3月1日更新

後期高齢者医療制度について

 平成20年4月から、それまでの老人保健制度に代わり、後期高齢者医療制度が始まりました。
少子高齢化が進み、高齢者の医療費が増える中、国が進める医療制度改革の1つとして創設された後期高齢者医療制度は、高齢者世代と現役世代の負担と給付を明確にし、75歳以上方の心身の特性や生活実態等を踏まえた、公平でわかりやすい制度として実施されています。

対象者

  • 75歳以上の人(満75歳の誕生日から対象)
  • 65歳以上75歳未満で一定の障がいについて広域連合の認定を受けた人(認定を受けた日から対象)

保険証について

保険料について

 後期高齢者医療制度では、被保険者一人ひとりに保険料を納めていただきます。

医療費について

その他

運営主体

 後期高齢者医療制度は、福岡県内のすべての市町村が加入する「福岡県後期高齢者医療広域連合(広域連合)」が運営主体となり、県内の各市町村と連携しています。
 広域連合の詳細については、福岡県後期高齢者医療広域連合ホームページをご覧ください。

広域連合と市町村が行う業務

広域連合と市町村が行う業務

広域連合(制度全般の運営) 市町村(受付や保険料の徴収)
資格の管理(資格の認定、被保険者証の交付など) 保険証の引き渡し
医療に関する給付 資格・給付に関する申請受付
保険料の決定 保険料の徴収 など
保険財政の運営 など