ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き・環境 > 福祉・介護 > 介護保険 > 介護保険サービス利用者負担額の一部を助成します
トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き・環境 > 福祉・介護 > 高齢福祉 > 介護保険サービス利用者負担額の一部を助成します
トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き・環境 > ターゲットナビ > 高齢者・介護 > 介護保険サービス利用者負担額の一部を助成します

介護保険サービス利用者負担額の一部を助成します

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年4月19日更新

介護保険サービス利用者負担助成

 介護保険サービスを利用する人のうち、次のすべての要件に該当する場合、サービス費用に係る利用者負担額の3割が助成されます。この制度の利用には、申請が必要となります。詳しくは、高齢者支援課へ相談ください。

要件

 〇世帯員全員の現年度市民税が非課税であること

 〇世帯員全員の所得(収入から必要経費の控除・給与所得控除・公的年金等控除を行った後の額)がないこと

 〇世帯の年間収入金額が120万円以下であること(世帯員3人以上の場合は1人当たり35万円を加算)

 〇市町村民税課税者に扶養されていない、かつ生計を共にしていないこと

 〇資産等を活用しても、なお生活が困窮している状態にあること

 〇生活保護法に規定する保護を受けていないこと

 〇納期が到来した介護保険料を完納していること

申請に必要なもの

 〇利用者負担助成対象確認申請書

 〇市民税非課税世帯であることを証明する書類

 〇世帯の収入が確認できる書類(申請月を含む前2か月分)

 〇預貯金などの金額が分かるもの(通帳など)