ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き・環境 > ターゲットナビ > 高齢者・介護 > 高齢者の運転免許証の自主返納を支援します~支援事業の申請はお済みですか?~

高齢者の運転免許証の自主返納を支援します~支援事業の申請はお済みですか?~

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年3月23日更新

 那珂川市では、運転免許証を自主返納した人に対して支援品の交付を行っています。
 自主返納日から6か月を過ぎてしまうと支援を受けれらなくなりますので、まだお済みでない人はぜひ申請をしてください。

支援までの流れ 

(1)運転免許証の自主返納 「申請による運転免許の取消」

県内の警察署自動車運転免許試験場などで運転免許の取消し手続きを行います。自主返納後に「申請による運転免許の取消通知書」が発行されますので、この通知書を必ず保管しておいてください。

※市役所で自主返納はできません。

 「運転経歴証明書」(有料:1,100円)の発行については警察署と運転免許試験場では証明写真の有無や発行までの経費・時間が異なります。詳しくは警察署や運転免許試験場へ問い合わせてください。

 春日警察署 Tel:580-0110(代表)  福岡運転免許試験場 Tel:565-5010(代表)

(2)市役所にて支援手続き

対象者は、手続きに必要なものを準備していただき、市役所高齢者支援課窓口までお越しください。

対象者(以下のすべてを満たす人)

  • 自主返納日から6か月以内の人
  • 有効期間内のすべての運転免許証を自主返納した人
  • 自主返納日において70歳以上の人
  • 自主返納日かつ支援の申請日において市に住所を有する人
    ※運転免許証有効期限が過ぎて、免許を失効した場合は該当しません。

必要なもの

  • 申請書(窓口に設置)
  • 自主返納時に発行された「申請による運転免許の取消通知書」(原本)
  • 本人確認ができるもの(取消された運転免許証(返納時に希望者に交付)、運転経歴証明書、マイナンバーカード、健康保険証など)
  • 印鑑
    ※代理人が申請する場合は、上記に加え、委任状・代理人の本人確認ができるもの・代理人の印鑑が必要です。

(3)支援品の交付

支援品は下記の2つから選択できます。支援品の交付は、一人1回限りの支援です。

〇交通系ICカード(ニモカ)10,000円分

※利用可能額9,500円+デポジット(預り金)500円です。かわせみバス(市コミュニティバス)や一部のタクシー会社でも利用できます。ニモカへの電子マネーのチャージは、市では行いません。

〇かわせみバス専用乗車券10,000円分

※利用可能額は11,000円です。

 

※原則、支援品は申請日当日に窓口でお渡ししますが、支援品の在庫状況により、当日お渡しできないことがありますのでご了承ください。

【参考】市内高齢者関連事故件数

市内高齢者関連事故件数
集計期間 発生件数 死者数 傷者数
H30年1月~12月 105 0 53
H31年1月~R1年12月 65 0 34
R2年1月~12月 64 1 23