ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き・環境 > 環境・ごみ・リサイクル > 公害・害虫 > アスベスト(石綿)に関する相談窓口について

アスベスト(石綿)に関する相談窓口について

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年1月10日更新

アスベストとは

 アスベストとは、天然に採取される鉱物の一種であり、石でありながら軽い綿状の性質を持つことから、石綿とも呼ばれる物質です。加工しやすいことに加えて、耐火性・断熱性・電気絶縁性が高い性質があり、一時期は断熱材や保温材、防音材として建築物に多く使用されていました。しかし、アスベストを吸入すると、肺がんや悪性中皮腫などの悪性疾患をはじめとした健康被害を引き起こす可能性があることが知られており、現在、日本では石綿及び石綿をその重量の0.1%を超えて含有するすべての物の製造、輸入、譲渡、提供、使用が禁止されています。

解体等工事に係る届出について

 平成26年6月1日に大気汚染防止法が改正され、すべての解体等工事(平成18年9月1日以降の新築建築物等を除く)における工事の発注者は、事前調査・調査結果を、書面説明・調査結果の掲示をすることが義務付けされました。また、特定粉じん排出等作業については、作業基準が強化されました。

1.建築物または工作物において、解体・改造・補修作業を行うときは、あらかじめアスベストの使用の有無を調査する必要があります。アスベスト等の使用の有無を目視、設計図書等により調査し、それでは明らかとならなかったときには、アスベストの使用の有無を分析しなければなりません。

2.アスベストが使用されていることが明らかとなった建築物または工作物において、解体・改造・補修作業を行うときは、大気汚染防止法に基づき、作業の場所、作業期間、作業の方法等について、アスベストの除去等に係る一連の作業を開始する14日前までに、県筑紫保健福祉環境事務所の窓口に届出を行い、アスベスト飛散防止のための作業基準を遵守しなければなりません。また、労働安全衛生法や廃棄物処理法等の遵守も必要となります。

相談窓口

福岡県筑紫保健福祉環境事務所 環境指導課

Tel 092-513-5612  8時30分から17時15分まで(土曜日・日曜日及び祝休日を除く)

関連サイト

福岡県ホームページ [ https://www.pref.fukuoka.lg.jp/contents/asbestos-qa.html ]

環境省ホームページ [ http://www.env.go.jp/air/asbestos/ ]