ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き・環境 > 福祉・介護 > 地域福祉・生活保護 > ひきこもりのことで悩んでいませんか?

ひきこもりのことで悩んでいませんか?

印刷用ページを表示する 掲載日:2024年4月1日更新

ひきこもりについて相談できる場所があります。
ひとりで、家族だけで悩まないで、ご相談ください。

ひきこもりとは?

ひきこもりというと、家からまったく出られないというイメージがあるかもしれませんが、「自室からほとんど出ない」、「自室からは出るが家からまったく出ない」、「普段は家にいるが、近所のコンビニなどへは出かける」、「普段は家にいるが、自分の趣味に関する用事のときは出かける」など、その人その人によって状態は様々です。

厚生労働省の定義では「様々なことが背景となり、就学や就労、交遊などの社会的参加を避けて、原則的には6ヶ月以上にわたって概ね家庭にとどまり続けている状態のこと(他者と交わらない形での外出をしている場合も含む。)」とされており、ひきこもりは現象や状態像であって、病名やその人そのものではありません。

ひきこもりの実態は?

令和5年 内閣府は「こども・若者の意識と生活に関する調査」の結果で、ひきこもり状態の人が推計で全国に約146万人いることを公表しました。

このようなことで悩んでいませんか?

○ご本人
 ・人と会うのが怖いと感じる
 ・他人がどう思っているかとても不安
 ・知り合いに会うことを考えると不安になる
 ・これからどうしていいかわからない
 なぜこうなったんだろう、どうして外に出られないんだろうと自分を責めてしまう
 家族に申し訳ないと思うことが多い

○ご家族
 ・子どもや家族がひきこもりかもしれない
 ・どう関わっていいかわからない
 ・悩み続けて疲れてしまった

相談窓口

市や県では、相談窓口を設置しています。
まずはご相談ください。

生活福祉課 地域福祉担当(市役所1階 8番窓口)

電話番号:092-953-2211

受付時間:月曜日から金曜日(祝日及び年末年始を除く)  午前8時30分から午後5時まで

那珂川市困りごと相談室

生活に困っている人の経済的自立を支援する自立相談支援事業を実施しています。
生活に困っていたり、不安があるときはまずは相談室にご相談ください。
専門の相談員がお話を聞いて、どのような解決策があるかをあなたと一緒に考え、自立に向けた支援を行います。

電話番号:092-408-8789

受付時間: 月曜日から金曜日(祝日及び年末年始を除く) 午前8時30分から午後5時まで

福岡県ひきこもり地域支援センター

福岡県では、精神保健福祉センター内にひきこもり地域支援センターを開設しています。

相談方法:電話や来所等による相談(来所相談等は予約制。継続相談の場合はオンラインでも実施)

専用電話:092-582-7530

受付時間: 月曜日から金曜日(祝日及び年末年始を除く)  午前9時から午後5時まで 

 ※福岡県ホームページ「福岡県ひきこもり地域支援センターのご案内」<外部リンク>​