ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き・環境 > 戸籍・住民票・各種証明 > 各種証明書 > 請求書への押印を省略できます

請求書への押印を省略できます

印刷用ページを表示する 掲載日:2024年6月11日更新

請求書への押印を省略できます

 令和6年6月1日から、市に支払を請求する際に提出いただく「請求書」への押印を省略できます。

 押印を省略する場合は、事前に債権者登録がされていることが必要です。

 請求内容によっては、債権者登録をしていても請求書への押印が必要な場合もあります。詳しくは各担当課へお問い合わせください。

債権者登録とは

 債権者登録とは、市に支払等を請求する際に振込口座等の情報をあらかじめ登録しておくものです。

 令和6年5月31日までに市に支払を請求したことがある場合は、すでに登録されていることがあります。詳しくは各担当課へお尋ねください。

登録手続きが必要な場合

  • 令和6年6月1日以降、初めて市に請求する。
  • 今までとは違う口座に振込みを希望する。
  • 事務所が移転したため住所等が変わった。など

登録手続き方法

 必要書類を各担当課へ提出ください。

必要書類

 記入例)法人・新規用 [PDFファイル/138KB]法人・変更用 [PDFファイル/143KB]個人・新規用 [PDFファイル/137KB]個人・変更用 [PDFファイル/138KB]