ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き・環境 > 安全・安心 > 防災・防犯・交通安全 > 春日警察署管内で交通死亡事故発生!

春日警察署管内で交通死亡事故発生!

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年2月12日更新

春日警察署管内で交通死亡事故が立て続けに発生しています。これまで以上に交通ルールを守り、交通事故を防ぎましょう。

事故の概要

事例(1)

令和2年1月29日午前10時30分ごろ、春日市内の県道31号線で、直進中のトラックが信号を見落とし、横断歩道を青信号で横断していた歩行者と衝突し、歩行者の男性が死亡する事故が発生しました。 

春日警察署ニュース令和2年1月第7号 [PDFファイル/389KB]

事例(2)

令和2年2月7日午前7時ごろ大野城市川久保の信号交差点においてバイクと軽自動車が衝突する事故が発生し、バイクを運転していた男性が死亡する事故が発生しました。

春日警察署ニュース令和2年2月第10号 [PDFファイル/489KB]

運転者は

    • 信号や一時停止などの交通ルールを守りましょう。
    • 横断歩道を渡ろうとしている歩行者がいる時は、横断歩道の前で必ず一時停止しましょう。
    • 見通しの良い道路でも油断せず、周りをよく見て安全確認をしましょう。
    • 運転への集中を妨げ、脇見の原因となる「ながら運転」はやめましょう。

歩行者は

    • 横断歩道以外の道路の横断は大変危険なため、必ず横断歩道を渡りましょう。
    • 青信号でも、渡る前に左右の確認をしましょう。
    • 明るい色の服装を心掛け、反射材用品を身に着けるなど車から視認されやすくしましょう。