ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き・環境 > 保険・年金・医療・健康 > 後期高齢者医療 > 交通事故などにあったとき【後期高齢者医療】
トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き・環境 > 福祉・介護 > 高齢福祉 > 交通事故などにあったとき【後期高齢者医療】
トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き・環境 > ターゲットナビ > 高齢者・介護 > 交通事故などにあったとき【後期高齢者医療】

交通事故などにあったとき【後期高齢者医療】

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年3月1日更新

 交通事故等で第三者(加害者)から傷害を受けた場合は、早めに問い合わせ先窓口までお届けください。
 第三者(加害者)から傷害を受けた場合でも、届け出により保険証を使用できます。その場合は、保険者(福岡県後期高齢者医療広域連合)が医療費を一時的に立て替え、後日、相手側(加害者)に請求します。
 ただし、仕事上のケガ(労災保険の適用)や故意によるケガの場合、後期高齢者医療は使えないことがあります。
 なお、保険証を使用して病院を受診した場合は申請が必要です。手続きの詳細などは、下記問い合わせ先まで確認してください。