ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 税務課 > 新型コロナウイルス感染症の影響による法人市民税の申告・納付期限の延長について

新型コロナウイルス感染症の影響による法人市民税の申告・納付期限の延長について

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年4月27日更新

 新型コロナウイルス感染症の拡大防止の観点から、国税庁において法人税の申告・納付期限が延長されたことや、やむをえず期限内に申告をすることが困難となる場合を考慮し、法人市民税の申告および納付期限について、次のとおり延長します。

申告・納付期限について

 新型コロナウイルス感染症の影響により期限内に申告・納付が困難な場合は、申告・納付が可能となった時点で速やかに申告・納付を行ってください。なお、申告書を提出された日が申告および納付期限となります。

申告手続きについて

  次のいずれかの方法を選択してください。

(1)提出する申告書に延長の申請をされる旨を記載する

書面で申告書を提出する場合(郵送、窓口で提出される場合)

申告書右上の余白部分に「新型コロナウイルスによる申告・納付期限延長申請」と記載してください。

電子(eLTAX)で申告書を提出する場合

所在地の欄に、所在地に続けて「新型コロナウイルスによる申告・納付期限延長申請」と入力してください。

(2)所管の税務署へ提出した法人税の申告書の写しを添付する