ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 選挙管理委員会 > 那珂川市議会議員一般選挙に係る当選の効力に関する異議申出に対する決定の告示について

那珂川市議会議員一般選挙に係る当選の効力に関する異議申出に対する決定の告示について

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年4月19日更新

令和3年3月31日付で提起された令和3年3月28日執行の那珂川市議会議員選挙における当選の効力に関する異議申出に対して、那珂川市選挙管理委員会は次のとおり決定し、公職選挙法第215条に基づき、その要旨を告示しましたので、お知らせします。

・決定書告示 [PDFファイル/154KB]

 

1.告示日

令和3年4月19日

2.異議申出人

諏訪辺 峻

3.主文

本件異議申出を棄却する。

4.異議申出の趣旨及び理由

 一 令和3年3月28日執行の那珂川市議会議員一般選挙に係る当選人の決定

無効とされた票が100票以上あり、本来すわべ しゅんの有効票とすべきものが含まれている可能性があるので再度投票の精査を求める。また、すわべ しゅんを含む全候補者の票の精査、確認を求める。同時に申立人、及び同伴者による立ち合いを強く求める。

 二  令和3年3月28日執行の那珂川市議会議員一般選挙の無効

さらに、選挙公報が配られていなかったなど、公平性に欠けていた選挙になったことは明確であり、選挙公報の不配時期、配布場所の情報開示を求めるとともに、前回より投票率が2.13%下がっていたのは、選挙公報が配られなかった地域が投票に行かなかった可能性も考えられるので、今回の選挙の無効も求めるものである。

5.決定の理由

那珂川市選挙管理委員会(以下「委員会」という。)は、この申出を適法なものとして受理し、令和3年4月7日、同月19日に選挙管理委員会を開催、及び同月14日に投票の再点検を行った。その結果及び決定の理由は、下記のとおりである。

一について

令和3年4月14日、委員会委員、同書記、選挙立会人らの立会のもと、令和3年3月28日執行那珂川市議会議員一般選挙(以下「選挙」という。)投票の保存箱に異常がないことを確認したのち、箱を開披し、すべての無効投票及び全候補者の有効投票の点検を行った。その結果は、次のとおりであった。

 (1) 無効投票の中に、すわべしゅん候補の有効票とすべき票の混入は認められなかった。
 (2) すわべしゅん候補以外の全候補者の有効票の中に、すわべしゅん候補の有効票とすべき票の混入は認められなかった。

異議申出書には「票の精査を求める」とあるが、精査の結果、票数に異動があれば、当選人の決定の変更を求めていると解されるが、上記のとおりすべての票について混入票は認められなかったので、選挙会で決定した当選人から異動はない。よって、申出人の主張のうち一には理由がない。

二について

申出書にある「選挙公報の配布時期、配布場所の情報開示を求める」については、別紙1「令和3年3月28日投開票の那珂川市議会議員選挙の選挙公報配布業務について ご報告とお詫び(最終報告)」のとおりである。この内容からすると、申出人の主張するとおり一部地域で選挙公報が配布されておらず、その数は推計で2,995世帯である。
那珂川市選挙公報の発行に関する条例(昭和51年条例第5号)第5条では、「選挙公報は、この選挙に用うべき選挙人名簿に登録された者の属する世帯に対して、選挙の期日前2日までに配布するものとする。」と定めており、今回の事態はこれに反するものと言わざるを得ない。
他方、公職選挙法(昭和25年法律第100号)第205条第1項では、選挙が無効とされるには下記の2つの要件が必要とされている。

 (1) 選挙の規定に違反することがあるとき
 (2) 選挙の結果に異動を及ぼす虞がある場合

 (1)については、今回の事態は一部地域においては条例に定める規定に違反するということができる。
 (2)については、規定違反のいかなるものが選挙の結果に異動を及ぼす虞のあるものであるかは一概に決定することはできず、その態様、程度の如何によって異なるものであって、具体的事例につき選挙の結果に異動を及ぼす可能性の有無の認定を行わなければならない。
しかるに、本件においては、選挙公報が配布されなかったのは一部の地域のみであること、また、選挙公報は有権者が候補者の政見を知る重要な手段ではあるものの、あくまでその手段のひとつであり、選挙公報が一部地域に配布されなかったという事実のみをもって、申出人のいう「選挙公報が配られなかった地域が投票に行かなかった」と考えられるものではない。
よって、本件では選挙の結果に異動を及ぼす虞がある場合とは認められず、申出人の主張のうち二には理由がない。

以上のとおり、本件異議申出には理由がないため、委員会は主文のとおり決定する。

6.その他

この決定に不服がある場合は、決定書の交付を受けた日またはこの決定の要旨の告示の日から21日以内に、文書で福岡県選挙管理委員会に審査を申し立てることができます。